松井秀喜の結婚相手、奥さんは元ミズノの社長秘書!?名言が話題に

th_スクリーンショット 2015-08-28 15.31.22

国民栄誉賞を獲得した偉大な選手、松井秀喜。当時からゴジラの愛称で親しまれてきました。ご存知、彼は2003年からメジャーリーグ「ニューヨーク・ヤンキース」で活躍。

松井さんの実力は高校時代からズバ抜けており、巨人入団の契約金はなんと1億2千万円!その後数々の活躍を見せてきましたが、松井秀喜が残した名言は現在も語り継がれています。

そんな松井秀喜も2008年、ようやく結婚を果たしました。しかし奥さんの情報は詳しく語られておらず、どうやら結婚条件としてマスコミに彼女の個人情報を流さないという約束の元、入籍。

記者会見では奥さんの似顔絵を公開しましたが、どのような人物なのか?今回は松井秀喜の名言、奥さんについて見ていきます!

スポンサーリンク

松井秀喜の結婚相手!奥さんはあの女優にそっくり?

th_スクリーンショット 2015-08-28 15.39.01

先述の通り、松井秀喜もついに結婚しましたが奥さんはどんな方でしょう?

早速調べて見ると、富山県出身、長澤まさみ似の美人であると判明。さらに奥さんは年上で、意外にも姉さん女房なんですね。彼女は中○愛さんと言う方で、元ミズノの社長秘書とのこと。

しかし秘書と言うのは肩書であり、実は夜の仕事でも有名だったとの話しも…そんな2人の馴れ初めですが、松井秀喜の一目惚れで交際に発展。松井さんが猛烈アタックしたそうですよ。

結婚の条件として「自分を世間の目にさらさないでほしい」と言う約束の上で結婚しています。その後、2013年にはNYで長男を出産。お子さんは日本とアメリカの多重国籍となりますが、アメリカを拠点に生活していく模様。

きっと奥さんや家族を報道の目にさらしたくなかったのでしょう。まぁ松井秀喜ほどの大物ですから、日本にいれば週刊誌が黙っていません…奥さんや子供の将来を想えば賢明な判断かと思います。

また、松井秀喜は現役の頃から腰が低いことでも有名です。マスコミとの関係を悪化させたくなかったのかもしれませんし、彼の人柄は奥さんが一番分かっていると思います。そんなわけで、結婚後の生活は今のところ充実している様子。

スポンサーリンク

松井秀喜の名言とは?

th_スクリーンショット 2015-08-28 15.35.30

松井秀喜と言えばプロ1年目にして11本塁打を放った凄腕の持ち主。野球界に名を残す人物だけに、心に響く名言も多く残しています。

その1つが2012年、巨人が西武に4連勝して日本一に輝いた時のエピソードです。

翌日、松井秀喜は監督に電話をした際「監督申し訳ありません、どうしても夢を捨て切れる事ができません。メジャーリーグに行かせて下さい。」と自ら切り出し、これが名言となっています。これは巨人側の痛手となる事を理解した上での決断でした。

この他にも「ズルはできない。俺が見ているから。」という名言もあり、松井秀喜の生真面でストイックな性格に圧巻です…ただ、いくら松井さんでもやはり壁にぶつかる事はあります。

この経験を通して、彼は「どんな道でも、進んでいけば嫌な事はいっぱいある。それでも、逃げない事が大切」と語っています。

一見、シンプルで当たり前のように感じるでしょう。ただ、これが名言として成り立つ事が松井秀喜の偉大さを表してますね!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ