ミランダカーとオーランドブルームの離婚原因とは!?創価学会の噂も

th_スクリーンショット 2015-09-19 13.14.10

「ビクトリアズ・シークレット」の特別広告塔の一人であることでも知られる世界的トップモデル、ミランダカー。度々来日し、日本でもかなりの知名度がありますね。

また、ミランダカーはシングルマザーであることでも知られており、子育てしながらもストイックな美への意識の高さから、多くの女性の目標となっています。

元旦那はハリウッドスターのオーランドブルーム。離婚してもなお、子育ては二人で協力的に行っているとのこと。一見、現在もオーランドブルームとは仲良さそうなこともあり、離婚原因が大いに気になるところですね。

また、ミランダカーは創価学会の信者という説もあがっています。なかなか海外スターの方で創価学会員であるというケースは聞かないため、非常に興味深い噂ですね。その真相も探ってみましょう。

スポンサーリンク

ミランダカーとオーランドブルームの離婚原因は?

スクリーンショット 2015-09-19 13.36.36

ミランダカーとオーランドブルームは2010年に結婚を発表し、ビックカップルの誕生が大きな話題となりました。2011年には息子が誕生。幸せなお似合い夫婦と言われていました。

そんな注目を浴びる二人でしたが、2013年にまさかの離婚発表。子育てについては基本的に同居しているミランダカーが行うものの、定期的にオーランドブルームに会ったりお泊りさせたりなど、離婚後も二人で協力していくことも明らかにしています。

「円満離婚である」とオーランドブルームも述べている通り、離婚の原因が分からないほど未だ良い関係に感じます。そんなミランダカーとオーランドブルームの離婚原因を調べてみたところ、主に生活リズムの違いが原因とのこと。

ご存知、オーランドブルームとミランダカーは大スターですので、仕事を両立していくにあたり家庭生活の継続が困難になってしまった模様。

また、ミランダカーのレオナルドディカプリオやジャスティンビーバーとの豪遊や、インスタグラムにあげるセクシーな写真を彼が良く思わなかったことも原因のようです。

スポンサーリンク

二人の生活リズムが合わなかったことは仕方ないですが、オーランドブルームの妻への想いは強かったことが分かります。今も決して仲が悪いというわけではありませんし、復縁の可能性も大いにあるのではないでしょうか。

 

ミランダカーは創価学会員だった?

th_スクリーンショット 2015-09-19 13.12.11

ミランダカーについて調べていくと、創価学会の会員であるという噂も多くあがっていることが分かりました。創価学会は日本の宗教法人ですが、ミランダカーが会員だと言われている背景には元旦那のオーランドブルームの影響が大きいと考えられます。

実はオーランドブルームは創価学会インターナショナルに所属しており、その影響からともに信仰するようになったとのこと。宗教の違いというのは人それぞれではありますが、やはり夫婦であるからには信仰も同じにしていた方が問題も起きにくいでしょう。

オーランドブルームは離婚後も創価学会に熱心な信仰を寄せているとのことですが、ミランダカーはクリスチャンに戻ったことを明かしています。

結論から言えば、現在はキリスト教ではありますが一度は信仰を寄せていたことも事実のようです。 何だか意外ですね!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ